FC2ブログ

京の都桜巡り2010《妙心寺part.1》

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

【撮影】2010/4/3 パナソニック Lumix GF1C パンケーキレンズキット

次に向かったのは妙心寺。ここは広いです。
広大な敷地には46の塔頭寺院が立ち並び「雲竜図・日本最古の名梵鐘・明智風呂」
など、多数の見所があります。

が、私は桜だけが目当てということで^^;

桜の見所は退蔵院。
奥門をくぐった所にある枝垂れ桜とその両脇にある枯山水庭園が重なる風景が美しい。
と全体を写真でお見せしたかったが、狭い場所だったので、桜全体は撮れませんでした^^;
ここの桜はまだ3分咲きぐらいでしたね。その奥にある名庭・余香苑からは
紅しだれ桜が楽しめるはずだったのですが残念(写真3枚目)

そいうことで、さっさと退散~

退蔵院の歴史
1404年(応永11年)に越前の豪族・波多野重通(はたのしげみち)が妙心寺第三世・無因宗因(むいんそういん)を開山として千本通松原に創建し、日峰宗舜(にっぽうそうしゅん)により妙心寺山内に移される。一時期衰退するが、後奈良天皇の帰依が深かった亀年禅愉(きねんぜんゆ)により中興される。

元信の庭
狩野元信の作と伝わる枯山水の優美な庭園で、枯滝・蓬莱山・亀島と石橋など多数の庭石が豪快に組まれている。

余香苑(よこうえん)
1963年(昭和38年)から3年の月日を費やして造園家の中根金作(なかねきんさく)が作庭した昭和を代表する名園で、大刈込みの間から三段落ちの滝が流れ落ち,深山の大滝を見るような風情がある。 水琴窟(すいきんくつ)もある。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

コメント

非公開コメント

No title

京都行きたいです~

No title

まさしく京都って感じ!!
なんて素敵なの~( ´ ▽ ` )