FC2ブログ

2019GW回顧~4/30平成最終日・尼崎の新たな魅力(後編)

前回の尼崎城前後に市内の神社へ参拝に。
まずは、桜井君の聖地???櫻井神社へ。
尼崎城のすぐ近くです。

尼崎城側からの入り口です。
2019_0430amagasakiC0002.jpg

しかし、名前が桜井だからって・・・(爆)
この神社は日本赤十字社の創健者を祭る神社です。
2019_0430amagasakiC0003.jpg

神社の建立は1882(明治15)年。江戸時代、尼崎藩を治めた桜井松平家の家臣が「代々の殿様をあがめたい」と16代当主・忠興(ただおき)に懇願し、現在の国道43号近くに神社を建てました。祭るのは、初代・信定(のぶさだ)から忠興までの歴代当主たち。その後、1961(昭和36)年、現在の場所に移りました。

まずはお清めですね。
時々、場所がわからなくて、パスすることもあるんですが(^^;
2019_0430amagasakiC0005.jpg

こちらが本殿です。
2019_0430amagasakiC0006.jpg

境内には末社の尼崎瓢箪山稲荷神社があります。
2019_0430amagasakiC0011.jpg

もう1るの末社、契沖社・多賀社・出雲社です。
2019_0430amagasakiC0020.jpg

それと、桜だけあって、あちこちに桜が(^^)
2019_0430amagasakiC0015.jpg2019_0430amagasakiC0008.jpg2019_0430amagasakiC0019.jpg2019_0430amagasakiC0021.jpg

そして!!(爆)
ファン殺到ですねwww
2019_0430amagasakiC0023.jpg2019_0430amagasakiC0022.jpg

尼崎城築城400年記念の金運守りを購入。
ほんと、金運無いんですよね~
財布からは出ていく一方です(^^;
2019_0430amagasakiC0158.jpg2019_0430amagasakiC0157.jpg

そして、もちろん御朱印もちゃんと頂きました。
2019_0430amagasakiC0159.jpg

この後、尼崎城へ寄って(前回記事)、その後生島神社へ向かいました。
実は、同じ立花にある水堂須佐男神社へ行ったのですが、GW中は予約のみ対応でした。
残念。ここは、押し花の御朱印が頂けるんですが、まあ人気神社ですから致し方なし。

生島神社の入り口です。
2019_0430amagasakiC0111.jpg

清めま~す。写真は飛ばして(爆)
本殿へ。はい、こちら。
2019_0430amagasakiC0125.jpg

しかし、櫻井神社もそうでしたが、平成最終日、どちらもがら~んとしてました(^^;
ここの神社は結構広いです。

本殿左横にある、生島弁財天。
2019_0430amagasakiC0122.jpg2019_0430amagasakiC0123.jpg

そして、右横にある生島稲荷社です。
2019_0430amagasakiC0118.jpg

そして、御朱印はこちら。
2019_0430amagasakiC0160.jpg

ん?4月31日って・・・(^^;
これ、インスタに投稿したら、生島神社の神主さんが見てくれて、
4月30日の書置きが残っているから渡したいとコメント頂きました。
インスタに生島神社の公式ページが開設されてます。
ハッシュタグ付けたから、目に止まったんでしょうね(^^)

正式版、こちらです(^^)
厚めの半紙でした。
ご対応ありがとうございました┏○ペコ
2019_0503osakaC0133.jpg

我が実家所在地、尼崎の新たな魅力はこれぐらいにします。
次回は夏まで帰省予定無しです。

撮影日:2019年4月30日(火)
カメラ:SONY α6000

2019GW回顧~4/30平成最終日・尼崎の新たな魅力(前編)

実家に帰省した翌日、平成最後の日、地元尼崎の新たな名所を行ってきました。
そう、尼崎城です。平成最後とあって、尼崎城見学前後に神社参拝もしました。
それは、後編で紹介します。

尼崎城、外からの全貌です。城址公園になっています。
2019_0430amagasakiC0099.jpg

そして外を囲む石垣です。
2019_0430amagasakiC0026.jpg

そして、正面入り口から。
2019_0430amagasakiC0027.jpg

近くまで行ってみましょう(^^)
2019_0430amagasakiC0028.jpg2019_0430amagasakiC0029.jpg2019_0430amagasakiC0032.jpg2019_0430amagasakiC0035.jpg
2019_0430amagasakiC0033.jpg

入城門近くに、石碑があります。
2019_0430amagasakiC0036.jpg

尼崎城。簡単に説明。
江戸時代の1617年、戸田氏鉄が新築しました。戸田氏鉄は家康の家臣戸田一西の子供です。
新しい尼崎城は、3重の堀で囲まれ、本丸には2重櫓が2棟あり、3棟の三重櫓、そして複合式層塔型4重4階の天守や、本丸御殿があったと言います。

実は、本来の位置はここではありません。
ですが、本来の位置には既に小学校が立っており、やむなく今の位置に再建されました。

この再建には、ミドリ電化(現在のエディオン)創業者の安保詮(あぼ-あきら)さんが
約10億円の私財を投じ、今年3月にオープンとなりました。
それでも、当時の規模レベルでの再建は叶わずで、縮小版となっております。

それでは、中に入ってみましょう。
2階から上が有料エリアで、大人500円となっております。
2019_0430amagasakiC0038.jpg2019_0430amagasakiC0039.jpg

とは言え、あんまりごちゃごちゃは紹介せずです(爆)
はい、天守からの展望です。阪神尼崎駅が見えますね~
2019_0430amagasakiC0041.jpg2019_0430amagasakiC0042.jpg

階の途中で、荻原一青氏の名城手拭展が開催中でした。
ここまで来たら、手拭も芸術品ですね(^^)
2019_0430amagasakiC0053.jpg2019_0430amagasakiC0052.jpg2019_0430amagasakiC0051.jpg

後はよくある歴史パネルの展示です。一部紹介。
尼崎城って西の守りとして重要なお城でした。
2019_0430amagasakiC0062.jpg2019_0430amagasakiC0067.jpg2019_0430amagasakiC0072.jpg

実際の刀が持てるコーナーも。持ってみましたが、重い!!
これでよく戦ができたな~って感心です。
2019_0430amagasakiC0070.jpg

尼崎城を出て、公園の外に特別に設置された丸ポストと共に、お城とコラボ撮影。
ポストの上には鯱が乗っかってますよ~(^^)
2019_0430amagasakiC0095.jpg

お城はここで終わりです。
お城へのアクセス等はこちらをご確認ください。

そして、おまけ。
移動するのに、阪神尼崎駅まで戻ると。
駅前に新設された尼崎城のマンホール発見!!もちろん撮影ですよね~(^^)
2019_0430amagasakiC0100.jpg

それでは、後編につづく。

撮影日:2019年4月30日(火)
場 所:尼崎城(兵庫県尼崎市
カメラ:SONY α6000

プロフィール

馬太郎(爆)

Author:馬太郎(爆)
ようこそ我がブログへ。
Yahoo!ブログ終了に伴い、こちらに引っ越してきました。
宜しくお願い致します┏○ペコッ
なお、多趣味過ぎて、わけがわからなくなっています(爆)
記事前後の繋がりはないので、1記事完結でお楽しみ下さい。

見せてもらおうか、FC2の実力とやらを!!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
訪問者
つよさゲッター
馬太郎(爆)
トレジャーハンター
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31