FC2ブログ

2019GW回顧~5/2山の辺の道を行く(その2)

山の辺の道、続きます。
御朱印巡りも兼ねてますので、まずは「三輪山平等寺」へ寄ります。
裏側からの入り口。
2019_0502naraC0066.jpg

手水舎で清めます。
2019_0502naraC0073.jpg

そして、本堂で参拝。
2019_0502naraC0069.jpg
2019_0502naraC0070.jpg

二重の塔があり、その前にツツジが満開でした(^^)
このお寺、薩摩・島津公のゆかりのお寺です。
島津義弘が関ヶ原の合戦で落ち延びたのがこのお寺です。
1000人余り居た薩摩兵も平等寺に到着したときは、たった13人だったとか。
2019_0502naraC0077.jpg2019_0502naraC0079.jpg2019_0502naraC0071.jpg

二重の塔隣にあるのが、不動堂です。
2019_0502naraC0081.jpg

思ったより、広いですね(^^;
時間の都合もあるので、愛嬌のあるびんずる尊者で締めます(爆)
2019_0502naraC0082.jpg

こちらが正面入り口ね。
先に進みます。
2019_0502naraC0087.jpg

1つ忘れてた山門の手前に歌碑がありました。

歌碑番号14 「わが衣色に染めなむうまさけ」(柿本人麿)
歌「わが衣 色に染めなむ うまさけ 三室の山は もみぢしにけり」
歌の解釈「三輪山の木々が美しく紅(黄)葉してきた。私の衣を、その美しい色で染めよう。
2019_0502naraC0085.jpg

そして、御朱印はこちらです。
達筆!!(^^)
2019_0502naraC0413.jpg

少し歩いて、大神神社(おおみわじんじゃ)の末社「三輪成願稲荷神社」に到着。
こちらは、撮影のみね。
2019_0502naraC0089.jpg2019_0502naraC0090.jpg
2019_0502naraC0092.jpg

そして、大神神社手前にこの土壁の塀。渋いね~(爆)
2019_0502naraC0094.jpg

はーい、「大神神社」到着です。ここはかなり広いです。
2019_0502naraC0095.jpg

清めまーす!
2019_0502naraC0096.jpg

そして、拝殿にて参拝。さすがに、車で来る人が多かったですけどね(^^;
2019_0502naraC0099.jpg

祈祷殿のすぐ前で、御朱印を頂きました。右下のテントです。
2019_0502naraC0100.jpg2019_0502naraC0102.jpg

そして、御朱印はこちら!
2019_0502naraC0414.jpg

大神神社広いので続きます。

その3へ続く。

撮影日:2019年5月2日(木)
カメラ:SONY α6000

2019GW回顧~5/2山の辺の道を行く(その1)

5月1日は令和元年の初日ではありましたが、
天気も悪く、甥っ子と遊んでました。
明治神宮では、御朱印の待ち時間が最終的に10時間だったとか???(爆)

で、翌日2日は、朝から好天で、以前から行こうと思っていた奈良県桜井市
山の辺の道散策へ行ってまりました。長くなりそうなので、何回かに分けて紹介します。

まずは、山の辺の道の玄関口、近鉄桜井駅でございます。
JR桜井駅と隣接しています。反対側(南口)がJRの出入口です。
2019_0502naraC0017.jpg

ここから山側に向かって進みます。
2019_0502naraC0019.jpg

で、早速ですが、これも趣味の1つである、丸型ポストの撮影。
いきなり発見です。駅近くにある「今西酒店」横です。
こういう場所にはまだまだ残っていそうですね。
2019_0502naraC0021.jpg2019_0502naraC0023.jpg

先に進みま~す!
桜も終わって、新緑の季節になってきました。
2019_0502naraC0032.jpg

ここからところどころ名所案内しながら進みます。
まずは、仏教伝来の地の記念碑です。
この辺りは、古代大和朝廷の中心地でありましたからね。
2019_0502naraC0036.jpg2019_0502naraC0037.jpg

桜井市では「歌碑めぐりロマンラリー」というイベントも年間通してやっています。
全部で65ヶ所あるようです。

歌碑番号17 「こもりくの泊瀬の山青幡の」(作者未詳)
歌「こもりくの 泊瀬の山 青幡の 忍阪の山は走出の よろしき山の 出立の くわしき山ぞあたらしき山の 荒れまくも惜しも」
歌の解釈「泊瀬の山、忍坂の山は、家から一走り出たところ、家の戸口を出たところにある(見える)美しくすぐれた山である。このりっぱな山をいつまでも保ちたいのだが、年ごとに荒れていくのは、ほんとうに惜しいことである。」
2019_0502naraC0034.jpg2019_0502naraC0033.jpg

「令和」が、万葉集からの選定だったというのを思い出して、
ちょっとしみじみとなっていました(爆)

では先へ。
先へ進むと、この辺りの民家はまだまだ土壁木造タイプがたくさん残っています。
ちなみにうちの実家も現役の土壁で(^^;
2019_0502naraC0043.jpg2019_0502naraC0044.jpg

そして、またまた歌碑発見。

歌碑番号16 「紫は仄(灰)さすものぞつば市の」(作者未詳)
歌「紫は 仄(灰)さすものぞ つば市の 八十のちまたに 逢へる児や誰」
歌の解釈「つば市の辻で逢った貴女は、何というお名前ですか。」
歌?ん??って感じですが(爆)
2019_0502naraC0041.jpg2019_0502naraC0042.jpg

先に進みます。
それにしても、天気よくて暑いっす(^^;

次に現れたのが「金屋の石仏」。
板から浮き出した仏像様ですね。掘る技術が凄いと思います。
中には入れませんので、外からパチリと。
2019_0502naraC0055.jpg2019_0502naraC0053.jpg2019_0502naraC0057.jpg2019_0502naraC0058.jpg

先に進もうと道へ戻ったら、この石仏の真ん前に焼物屋がありました。
無人???でも、レジらしきところもあるしな~
あー、日本ってつくづく平和だな~って思いました。
2019_0502naraC0060.jpg2019_0502naraC0061.jpg2019_0502naraC0062.jpg2019_0502naraC0063.jpg

まだまだ先は長いので、進みます。

その2へ続く。

撮影日:2019年5月2日(木)
カメラ:SONY α6000

2019GW回顧~4/29奈良町へ急ぐ(中編その2)

GW3日目。その3。
奈良町にある世界遺産元興寺です。
4月も終わろうとしていましたが、八重桜まだ見れますね~
2019_0429naraC0187.jpg
2019_0429naraC0189.jpg
2019_0429naraC0241.jpg

先に御朱印帳を渡しておいて、中を見学します。
2019_0429naraC0191.jpg

正面に本堂です。
2019_0429naraC0192.jpg

本堂の左側に行けば、石塔がずらりと並んでいます。
2019_0429naraC0205.jpg

振り返れば日本最古の瓦って書いてあったのですが、振り返っても???でした(爆)
2019_0429naraC0215.jpg

境内には結構も咲いていましたよ(^^)
2019_0429naraC0213.jpg2019_0429naraC0220.jpg2019_0429naraC0217.jpg2019_0429naraC0203.jpg

そして、カエルちゃん(爆)
2019_0429naraC0234.jpg

最後に御朱印帳を受け取って、出口へ。
御朱印はこちらです。

元興寺御本尊の御朱印「智光曼荼羅」。
2019_0429naraC0365.jpg

西国四十九薬師霊場 第五番札所「瑠璃光」の御朱印
2019_0429naraC0366.jpg

大和地蔵十福霊場の御朱印「印相地蔵」。
2019_0429naraC0367.jpg

この日は3種類。全部で9種類あるみたいです。初穂料は全て300円。
時期やイベント等で変わるみたいですが、定かではありません(爆)
まあ、またのお楽しみということで。

そして、ようやくランチタイム。14時30分過ぎですね。
以前来たときには無かったカフェを発見。そう、このお店の真ん前の店、
前回はかき氷を食べたんで、覚えてました。

※ネットに情報無し(店が新しいせいかもしれません)
中から見ると丸い窓が(^^)
2019_0429naraC0271.jpg2019_0429naraC0274.jpg

スープセットを注文したのですが、足りないので「しらすのチーズトースト」追加。
まあ、腹7分目ってとこかな。
2019_0429naraC0276.jpg2019_0429naraC0279.jpg

奈良町、まだまだ見所はありますが、長くなるので撤収。
実家に向かいます。新線経由でね。

後編へつづく

撮影日:2019年4月29日(月)
場 所:元興寺(奈良奈良市
カメラ:SONY α6000

2019GW回顧~4/29奈良町へ急ぐ(中編その1)

GW3日目。その2。
2回で終わらすつもりでしたが、
御朱印が絡んでくると、写真も多くなり、
かなり長くなるので、4回に分けます。


京終駅から徒歩10分。奈良町入口に到着。
ふと、斜め向かいを見るとちょっと変な建物が。
ならまち交番でした(爆)
2019_0429naraC0088.jpg2019_0429naraC0089.jpg

奈良町の伝統的な町家、格子の家をモデルにしたようです(^^)
さて、目的の御霊神社へ向かいます。ここで、限定御朱印帳を購入します。

御霊神社へ到着。
2019_0429naraC0100.jpg

狛犬をよく見ると、足に紐がたくさん結ばれています。
説明書きを読むと・・・なるほどです(^^)
この狛犬の顔、ちょっと「のらくろ」に似てるかも(爆)
2019_0429naraC0103.jpg2019_0429naraC0104.jpg

手水舎でお清めし、本堂で参拝します。
2019_0429naraC0106.jpg2019_0429naraC0110.jpg

そして、御朱印帳御朱印を頂きます。
限定御朱印帳。最初のページに金字で特別御朱印が書かれています。
初回200冊限定です。「神光照天地」と書かれています。
初穂料2000円です。
2019_0429naraC0359.jpg2019_0429naraC0360.jpg

通常の御朱印がこちら。「桐紋(きりもん)」とその上に「御霊大神」と書かれています。
初穂料は500円。
2019_0429naraC0361.jpg

そして、卯月限定の御朱印がこちら。こちらは書き置きのみになります。
枝垂れ桜をイメージしています。当初4/14まででしたが、4/30まで延長になりました。
初穂料は500円。
2019_0429naraC0363.jpg

そして、もう1種類。帰ってから気づいたのですが、鎮宅霊符神社の御朱印だったんです。
御霊神社とは別の場所にあるのですが、不在がちなのでこちらで配布してたようです。
てか、後で気づいたので、鎮宅霊符神社は参拝していません(爆)
また次回にでも^^; 初穂料は500円。
2019_0429naraC0362.jpg

そして、神社内を散策。広くはないです。
牡丹がちょうど見ごろを迎えていました。
2019_0429naraC0127.jpg

本堂を別角度から。
2019_0429naraC0135.jpg

末社の出世稲荷神社です。(御朱印はありません)
2019_0429naraC0118.jpg2019_0429naraC0119.jpg2019_0429naraC0122.jpg

もう1つ末社の若宮社です。狛犬が金歯!!(爆)
2019_0429naraC0139.jpg2019_0429naraC0142.jpg2019_0429naraC0144.jpg

末社はもう1つあります。祓戸社ですが、長くなるので飛ばします^^;

次、世界遺産の元興寺へ向かいます。
中編その2へつづく

撮影日:2019年4月29日(月)
場 所:ならまち交番御霊神社(奈良奈良市
カメラ:SONY α6000

2019GW回顧~4/29奈良町へ急ぐ(前編)

GW3日目。
本日は奈良町立ち寄りして、実家へ向かいます。
本当は三重県のなばなの里に寄って花撮影を予定していたのですが、
午後から雨模様。第二の目的地であった奈良町へ急ぎます。
朝6時には東京駅へ。今回関西本線経由です。
2019_0429naraC0008.jpg

定番の駅撮り。もう東海道新幹線は撮り飽きたましたが、
出発ということでとりあえずは記録として(爆)
2019_0429naraC0005.jpg2019_0429naraC0006.jpg

朝飯は駅弁です。
牛たん弁当(生姜炊き込みご飯)」(ジェイアール東海パッセンジャーズ)。
牛たんは仙台で何度も食べてるので、やはりイマイチ感強し^^;
まあ仕方ない、朝飯にはちょうど良い量でした。
2019_0429naraC0009.jpg2019_0429naraC0011.jpg

てなことで、名古屋到着(爆)
関西本線亀山行きに乗り換えます。
関西本線は、名古屋亀山がJR東海、亀山~JR難波がJR西日本の管轄区間です。
2019_0429naraC0015.jpg2019_0429naraC0016.jpg

ローカル線ですが、東海の車両は新しいです。西日本へ行くとガラッと変わりますが^^;
はーい、亀山到着です。乗り換えに少し時間があったので、駅前を散策。
亀山名物「みそ焼きうどん」が美味いんですが、先を急ぐので諦め。
駅前の和菓子屋兼パン屋で、パンを購入して、もう少し腹を満たします。
2019_0429naraC0048.jpg
2019_0429naraC0052.jpg2019_0429naraC0051.jpg

ちなみに、何パンだったかは忘れました(爆)
再び、ホームへ。いつの間にか西日本のラッピング車が到着していました。
もちろん撮り鉄です。このまま回送になるのでこれには乗りません。
2019_0429naraC0023.jpg2019_0429naraC0033.jpg2019_0429naraC0030.jpg

で、こちらに乗り込み、加茂を目指します。
2019_0429naraC0054.jpg

朝早かったので、車窓もそこそこに居眠りモード発令zzz
気が付きゃ加茂到着。お隣の大和路快速に乗り換えて奈良へ。
2019_0429naraC0056.jpg2019_0429naraC0060.jpg

結構鉄分補給しましたね~(爆)

奈良到着です。
奈良町へ行くには万葉まほろば線(桜井線)に乗り換えて1駅。
または奈良駅から徒歩で行くか。1駅行った方が、徒歩時間が短いので、
一旦改札を出て、きっぷを買い直し。私のきっぷは万葉まほろば線(桜井線)経由では
ないので、はみ出た分は新たに購入です。こちらの車両です。
2019_0429naraC0064.jpg2019_0429naraC0065.jpg

到着です。関西難読名駅の1つ「京終(きょうばて)駅」です。
平城京の西の果てに(終わりに)あった地だったのが由来だそうです。
旧駅舎の老朽化により、開業当時(明治31年)の駅舎に復元。
今年1月に復元工事完了いたしました。こちらです。
2019_0429naraC0072.jpg2019_0429naraC0073.jpg2019_0429naraC0079.jpg2019_0429naraC0078.jpg

あっ!!丸ポストだ!!(爆)
復元工事完了と共に、昔あった丸ポストも復活です。
駅舎の中にはカフェもありますよ。観光案内所もね。
レトロ感漂う駅舎でした。

さーて、奈良町へ
御朱印だ~!!

中編その1へつづく

撮影日:2019年4月29日(月)
場 所:東京駅(東京都千代田区)
    名古屋駅(愛知県名古屋市)
    亀山(三重県亀山市)
    奈良駅・京終駅(奈良県奈良市)
カメラ:SONY α6000
プロフィール

馬太郎(爆)

Author:馬太郎(爆)
ようこそ我がブログへ。
Yahoo!ブログ終了に伴い、こちらに引っ越してきました。
宜しくお願い致します┏○ペコッ
なお、多趣味過ぎて、わけがわからなくなっています(爆)
記事前後の繋がりはないので、1記事完結でお楽しみ下さい。

見せてもらおうか、FC2の実力とやらを!!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
訪問者
つよさゲッター
馬太郎(爆)
トレジャーハンター
せいべつ
レベル
ちから
すばやさ
こうげき力
しゅび力
EX
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31